スポンサーサイト

  • 2013.03.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ママとシネマofficialマガジンvol.57

    • 2013.03.11 Monday
    • 16:21

    米国に初めて行った時に、事実は英会話の本よりも大学受験の構文集でもクルレモラドゥンガの側が私には有益だった。 特に生活今はじめた時話がペーパーワーク(paper work)が多いので、文章を読む参考になりました。

    そして今、大学受験用の参考書を開かれれば結構おもしろい。 数 1などやり直ししているということですね。 後日特に社会科の物は勉強になります〜.

    朝起きて一番最初に新しい文貎座に。 特集「気にかかる日本映画(そいつ)2012」今日は悪人映画を2個立て。 急いでくれば、100円自販機でペットボトルの車(茶)買ってくること忘れた。

    フォト

    『悪の交戦』 (2012/東宝/R15+)監督:ミイケ(三池)タカシ(崇史)原作:貴志ユウスケ(祐介)出演:伊藤ヒデアキ(英明),二階堂(二階堂)文章、牛担いでこそ(染谷)マサシ(将)フトシ(太),森年首都

    ※障害を除いて高校を影で支配していたサイコ パスのインギ教師が、結局学生殺害を実行に移す。

    伊藤ヒデアキ(英明)演技する主人公. 一見さわやかな好人で、事実は殺人サイコ パスした教師の怪物っぷりが良い。

    怪物といえば韓国映画『【クエムル】』ラストでペ・ドゥナがアーチェリーで怪物を撃ち殺すが、本作意アーチェリー少年は良い意味で期待を裏切ってくれる。


    スポンサーサイト

    • 2013.03.11 Monday
    • 16:21
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM